デジカメの画素数

現代のデジカメは600万~1000万画素の解像度が当たり前になっている。こりゃもう充分だよってのが普通。

今僕が使っているパソコンのモニタは21インチで1600×1200ピクセル。掛け算すれば192万画素だ。この大きさで印刷するとして、さすがに画面解像度のままで印刷すると甘くなるので、三倍程度の解像度があればいいだろう。そうすると、やはり600万画素程度でOKということになる。

しかし、ちょっと考えてみると、液晶モニタの1画素(ピクセル)は、RGB三色の長方形が並んで一つの正方形を形作っている。それに対し、一般的なデジカメのイメージセンサは、一画素で三原色すべてを記録するようにはなっておらず、一画素1色になっている。RGB三色それぞれに感じる画素を市松模様に並べているのだ。従って、特定の画素が持つべき本来の色を決定するために、近傍の画素の情報を混ぜ合わせて計算している。

つまり、この方法だと、たとえイメージセンサの、上に1画素幅の線がきっちり投影されていたとしても、3画素前後の間にぼんやりと広がる像として計算してしまうことになる。さらに、1画素境界できっちり色や明るが変化する、シャープな画像の輪郭部については、周囲の色から正確な色を計算することが出来ず、間違った色を作成してしまう危険がある。これを偽色と言う。これを避けるため、デジカメではイメージセンサの直前に画像をぼかすローパスフィルタが設置されている。結局実効解像度は、画素数の三分の以下に減少してしまうことになるだろう。つまり、1000万画素のデジカメといっても、実際は300万画素の正確な画像を三倍に引き伸ばしてぼかしたようなものだということだ。この辺は三色の配列から画像を生成するアルゴリズムによって変わってくるところであるので、実際はもうすこしうまくやっているかもしれないが…

Continue reading "デジカメの画素数"

| | Comments (91) | TrackBack (3)

コミケとカーナビ

以前カーナビスタンドをつけて、それなりに便利に使用していたが、田舎の父が車を買い換えるにあたり、古い車につけていたDVDナビを外して送ってきた。さすがにこれを自分で設置するのは厳しいので、オートバックスでつけてもらおうかと思ったのだが、他の用事でホンダプリモに寄った際、純正オプションでないナビの取り付けをやってもらえるか聞いたところ、比較的安い値段で請け負ってくれるというので、頼むことにした。代車も用意してくれていたれりつくせりだ。

で、いろいろあって結局取り付けは夏コミ直前になってしまい、十分テストもしないで東京までのドライブに利用してみたのだが、どうにもこうにもマップ上の位置がずれる。実際の速度とナビが認識する速度が倍くらい違っているようだ。五分おきに自車位置調整を行うが、次の交差点では数百メートルずれているというありさまで、とても使い物にならない。どうやら車速パルスの計算が間違っているらしい。説明書によれば、車を換えた場合は本体のリセットスイッチを押して前の車の情報を消去し、30分ほど慣らし運転をしてナビに学習させる必要があるようだが、ディーラーで設置する際、この作業を忘れたらしい。しかし、本体がどこに設置されているのかわからず、結局位置修正を繰り返しながら最後までドライブすることになってしまった。

翌日、車の中を良く調べると、運転席の下に設置してカーペットをかぶせてあるのを発見。リセットスイッチを押し、ナビが再起動したのを確認して、家族で昼食をかねてドライブ。
いやー、感動的にずれません。これだとホント助かるわ。ナビってえらい。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

rubyタグ使用HTMLから青空文庫形式TEXTへの変換

CIMG0548s
僕が使っている携帯(Vodafone V602SH)には、電子ブックリーダーなる機能があって、ネットなどから本を買って読むことができる。
これはXMDFというシャープ独自フォーマットの本を読む機能なのだが、縦書き、横書きを切り替えて読むことができ、ルビを表示する機能もある。
XMDFは現在電子ブックのフォーマットとして広く用いられているらしいが、いまのところ仕様が公開されておらず、手軽に自分でこのフォーマットの書類を作成するということはできないようだ。せめて普通のHTMLを表示することができれば、ネット上にあふれているさまざまな文書を読むことができるのだが…と思ったら、どうやら単純なテキストなら読めることがわかった。これに青空文庫で配布されている小説のテキスト版を入れてみると、なんとルビがちゃんと表示されるではないか。ということは、青空文庫以外の文書も、青空文庫の形式に合わせて変換すれば、携帯でルビ付き縦書きで読むことができるわけである。

Continue reading "rubyタグ使用HTMLから青空文庫形式TEXTへの変換"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

カーナビスタンド

CIMG0512s
オートバックスカーナビスタンドを買ってきた。これを使えば携帯電話がカーナビになってしまうという代物。
GPS関係のハードウエアはスタンドのほうに内蔵されていて、携帯の方は地図データをサーバからダウンロードして現在位置を画面に表示する仕組み。基本的にダウンロードはルート設定時にしか起こらないようになっているので、運転中どんどんパケット代が上がっていくということはない、ただし、オートリルートを設定していると、道を外れただけでダウンロードが発生するので注意が必要かも。

Continue reading "カーナビスタンド"

| | Comments (813) | TrackBack (2)