私家版Pivot 日本語言語ファイル

Weblogツール Pivot 1.10 で日本語を使えるようにする言語ファイルを作ってみた。やっつけなので、未訳、誤訳があるが、使えないよりはマシというところ。
zipファイルを展開して、出てきた"pvl_ja.php"ファイルをpivot/langs の下に放り込めばOK。
なお、文字コードはUTF-8。

Pivotは日本ではほとんど知られていないが、なかなか面白いツールである。PHPを使用しているが、MySQLを必要とせず、自前でデータベースを作成する。また、アップロードした画像のサムネールをImageMagicやNetpbmなしで作成する。このとき、画像の任意の一部をGUIで選択してサムネールを作ることができる。
アップロードした画像はメディア管理画面で削除、サムネール作成などの管理が可能。そのため、MovableTypeのように、サムネールのサイズを間違ったからといって、再度画像をアップロードしなおすような事をしなくてよい。

問題点
サーバの設定(--with-mbstringなどのPHPのコンパイルオプション)によるかもしれないが、日本語での検索はできない。検索キーワードが化けてしまって正しい結果を返さない。
完成したページでの表示は問題ないようだが、管理画面で記事一覧、および記事編集画面を出した場合、長い日本語タイトルを適当に縮めているためか、文字コードに齟齬をきたしているらしく、記事タイトルが文字化けする。
画像のサムネール作成画面がいまいち洗練されていず、使いづらい。
日本語による解説ページが皆無なため、思ったようにサイトを構築するのは結構大変。
カテゴリごとのアーカイブページを一括して作ってくれないっぽい。カテゴリごとにweblogを作成するなどの工夫が必要。

これらの問題点に鑑み、自分のサイトのリニューアルでは結局MTを使ったが、その検討過程で作成した言語ファイルを捨てておくのももったいないので、とりあえずここに置いておくことにする。完成度がむちゃくちゃ低いので、Pivot公式サイトに送ることはしないが、誰かうまいこと完成させてくれたらうれしいかも。この翻訳に関して、後藤寿庵は一切の権利を放棄します。ファイルの頭の翻訳者情報も消してくれてかまいません。


日本語ファイルのダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (2)

MovableType 画像回り込み改造

実際にモノになるかどうかはさておき、メインのサイトの方で、MovableTypeをインストールして実験している、今のところ非公開だが。 で、MTでアップロードした画像について、テキストの回りこみを自動で行う改造はあちこちで行われているが、大概一律に左寄せである。でもって、画像アップロード時にこれを選択できないかと思い、いじってみた。 imagefloat

Continue reading "MovableType 画像回り込み改造"

| | Comments (334) | TrackBack (27)

すごいカウンター

いろいろ: すごいカウンターなんかダメ
まったくだ(T_T)

| | Comments (13) | TrackBack (2)

スタイルシート その2

ちょっと調べてみたら、この問題は相当あちこちで検討され、いくつかの実現方法も提案されていることがわかった。というわけで、観測気球さんのところの、マイリストを使う方法を試してみる。 この方法も既存の方法の改良といったものなので、これだけ見るとよくわからない。リンクをたどってみると、大体以下のような方法らしい。 まず、自分のココログのページソースを表示させ、styles.cssのURIを得る。 これをローカルに保存し、自分のしたいように改良、たとえば foo.css という名前で保存。 以下のような内容のJavaScriptファイルを作る
var myStyleHref = "foo.cssへのURI";
var linkElem = document.getElementsByTagName("LINK");
for(var i = 0; i < linkElem.length; i++){
	if(linkElem[i].rel == "stylesheet"){
		linkElem[i].href = myStyleHref;
	}
}
これをたとえば bar.js というファイル名で保存。 であとは上記観測気球さんのやり方でマイリストに登録、blogに反映させる。

| | Comments (2) | TrackBack (4)

スタイルシート

ココログ、デザインのどれ選んでも字が小さい。一部を除いてやたらボーダーが広く、中身の幅が狭い。しかもこれらの設定は変更できない。

どうにかならんものか。
ページのソースをみてみると、どうやら自分のルートにあるstyles.cssというのがこのページのスタイルを決定しているらしい。これをダウンロードして編集し、上書きでアップロードし直してみる。成功!文字を一段大きくし、コンテンツ表示枠を大きく広げることができた

…………………記事の編集一発でデフォルトに戻されてしまった。

駄目じゃん

| | Comments (0) | TrackBack (1)

過去の日記転送、その2

なんだかんだで、さらに前のcgi(hns)のデータまで取り込んでしまった。
元データがEUC-JPだったのだが、これをスクリプトで変換して、一見きちんとできたように見えるのだが、ココログに読み込ませると、なぜかエラーになる。カテゴリを削除したら読み込めるのだが、量が多いだけに、後で手作業で編集するのは大変だ。なんとかならないかと試行錯誤していたのだが、どうやら文字コードをUTF-8に変換してから読ませるとうまくいくことがわかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)