« April 2009 | Main

真マジンガーのカットされてる部分

「真マジンガー 衝撃!Z編 」って、CM抜き25分で作られているのだが、放送枠が25分で、実質20分位なので、あちこちカットされてるってのはよく知られている話。
バンダイチャンネルなどでの無料配信分はノーカットなので、TVで見たあとはインターネット配信で楽しんでいる。
本編中でも「なんかバタバタしてるな」「つながりが唐突だな」と思うところは、実は前後にもうちょっと細かいシーンが入っている事が多い。見たからってストーリーがよりわかるわけではないけどね(笑)。
カットされてることが一番わかりやすいのは、毎回エンディング直前に次回へのつながりになるカットが入って次回のサブタイトルが表示される部分。9話ではあのガミア三姉妹(暗殺用アンドロイド)がなにげにくろがね屋にやってくるのだが、本編ではジャンゴが追い払ったのかそうなのかわからないまま最後まで言及シーンなしなのだけど、配信版では最後になんとガミア三姉妹の入浴シーンが拝めるのだ。マンガではマントの下が全裸なので兜甲児がドギマギしてなかなか倒せなかったという、永井豪らしいキャラなのだがw。

Continue reading "真マジンガーのカットされてる部分"

| | Comments (202) | TrackBack (3)

おしなひょう!!

ええ~?以前何度も検索したのに、「おしなひょう」、「恒星記」「アウトサイダー」いずれもまともに情報らしきもの見つけられなかったのに。本人のブログがある!!

ええとですね、「おしなひょう」という人は簡単に言うと同人漫画家でした。1980年代に「恒星記」っていう読みきり一巻の同人誌を出した人です。このマンガは「選ばれた人間が恒星になる」っていう、ちょっと意味のわからないストーリーで進むんだけど、これは実際は宇宙の物理法則の変化を指してるんですね。我々が知る宇宙は「因果必然」の法則に支配されている。これがある選ばれた人物が自覚することによって「共時偶然」の法則に切り替わるというお話です。そう、当時ニューサイエンス分野で脚光を浴びたユングの「共時性」をマンガにしちゃったわけ。「共時性」って言葉は「意味のある偶然」っていう、なんともぼんやりしたものなんだけど、これに「偶然」をくっつけて「因果必然」に対置する概念にしちゃったのがすごい。オカルト仕立てになんらかの「原型」を割り当てられた人物がこの宇宙法則の変わり目に登場するという展開も面白い。そしてこの漫画、「果たして今夜が終わると太陽は昇るのだろうか」っていう登場人物の独白の後、朝日が昇って終わるのだけど、そこに書かれた条件を理科年表で調べてみるとエイプリル・フールというオチがついてた気が…なにぶん昔のことなのでよく覚えてません。

この人が「恒星記」に続いて発表したのが「アウトサイダー」ミュータントが跋扈する遠い未来のお話です。地球上の文明は何度も世代交代していて、その時間の中を行き来する「クロノシューター」が主人公のお話。相当にとんがった本格SFです。おそらくは作者の専門分野を反映したものらしい「存在し得ないはずの正20面体」とか、ステキガジェットが次々登場し、これは恒星記以上の大傑作と思ったんだけど、一巻だけで中断してしまいました。確か製作中の二巻の原稿をコピーしたペーパーがあったはず。もう20年以上待ち続けてるんです。

この人のマンガは一言で言って、理系で哲学的www。もう一部の人にはものすごくハマる要素なのです。
更新は2008年の12月で止まってますが、なんとかアウトサイダーの続きお願いします。

| | Comments (78) | TrackBack (0)

« April 2009 | Main