« May 2007 | Main | February 2008 »

BSガンとTMガン

現在、エアガンといえばBB弾を使うと相場が決まっているが、かつて各社それぞれの方式のエアガンを出していた時代があった。そのころの弾丸は多くが「ツヅミ弾」という、丸い弾頭部と、空気を効率的に受け止めるスカート部がらなるものだった。そもそもこの弾頭形式は、鉛の弾丸を発射する空気銃(エアライフル)に範を取ったものである。
昭和50年頃、子供向けのエアガンはビニール製のツヅミ弾を発射するBSガンシリーズが一世を風靡し、マンガ雑誌の裏表紙通販ページなどをにぎわせていた。これらは、形こそライフル銃なのだが、弾丸を込める部分はリボルバーのようなシリンダーであり、そこにあらかじめツヅミ弾を込めておく。ボルトを引いて狙いをつけたら引き金を引く。スプリングの威力で圧縮空気が弾丸を押し出す。
こんなおもちゃでも確か数千円の値段がしたと思う。そんな中、2000円台で発売されたモデルがあった。それがピストル型のBSバッファロー08である。ライフル形式のBSガンが、木の様なブラウンのストックを持っていたのに対し、BSバッファロー08は全体が黒で、なんか子供にはカッコいいと思われるスタイルで発売されていた。僕は通販でこれを買い、バンバン打ちまくった。後に、BSバッファローをベースに、バレルやスコープ。ストックを組み合わせて改造できるデタッチャブルというシリーズが発売されたが、バレル交換式になった分エア漏れが大きく、オプションのスコープも、単に形だけの、透明プラ板がはめられた無意味なギミックだった。

Continue reading "BSガンとTMガン"

| | Comments (132) | TrackBack (7)

デジカメの画素数

現代のデジカメは600万~1000万画素の解像度が当たり前になっている。こりゃもう充分だよってのが普通。

今僕が使っているパソコンのモニタは21インチで1600×1200ピクセル。掛け算すれば192万画素だ。この大きさで印刷するとして、さすがに画面解像度のままで印刷すると甘くなるので、三倍程度の解像度があればいいだろう。そうすると、やはり600万画素程度でOKということになる。

しかし、ちょっと考えてみると、液晶モニタの1画素(ピクセル)は、RGB三色の長方形が並んで一つの正方形を形作っている。それに対し、一般的なデジカメのイメージセンサは、一画素で三原色すべてを記録するようにはなっておらず、一画素1色になっている。RGB三色それぞれに感じる画素を市松模様に並べているのだ。従って、特定の画素が持つべき本来の色を決定するために、近傍の画素の情報を混ぜ合わせて計算している。

つまり、この方法だと、たとえイメージセンサの、上に1画素幅の線がきっちり投影されていたとしても、3画素前後の間にぼんやりと広がる像として計算してしまうことになる。さらに、1画素境界できっちり色や明るが変化する、シャープな画像の輪郭部については、周囲の色から正確な色を計算することが出来ず、間違った色を作成してしまう危険がある。これを偽色と言う。これを避けるため、デジカメではイメージセンサの直前に画像をぼかすローパスフィルタが設置されている。結局実効解像度は、画素数の三分の以下に減少してしまうことになるだろう。つまり、1000万画素のデジカメといっても、実際は300万画素の正確な画像を三倍に引き伸ばしてぼかしたようなものだということだ。この辺は三色の配列から画像を生成するアルゴリズムによって変わってくるところであるので、実際はもうすこしうまくやっているかもしれないが…

Continue reading "デジカメの画素数"

| | Comments (91) | TrackBack (3)

« May 2007 | Main | February 2008 »