« 発掘 | Main | 浦島嶺至氏のブログ »

Yahoo! Japan 10周年

Yahoo! Japanが10周年だそうだ。
ということは1996年に始まったのか…
思い出してみると、僕が自分のWebページを初めて作った1994年頃は、まだ(少なくとも日本語で使える)検索エンジンというものが存在しなかった。当時主なWebページへのリンクはNTTのリンク集が頼りだった。(当時、NTTのドメインはntt.co.jpではなく、ntt.jpだったと思う。これは後の汎用jpドメインとは別のものだ)

確か、Yahoo! Japanが始まったという情報を雑誌のInternet マガジンあたりで知って、登録を申し込んだのだったと思う。当時はまだインターネット上の情報を得るにも雑誌が頼りだったのだ。ちなみにそのころのYahoo!はロボット検索ではなく、Yahoo!の中の人がネットサーフィンしたり、サイト運営者の申請を受けてURLを登録するものだった。この体制はロボット検索エンジンが普及した後もしばらく続き、Yahoo!の特色だった。ロボットによるクロールは精度が低く、ユーザーの求める情報がノイズにまぎれてしまいやすい。あくまで人間がサイトを審査し、ふさわしい分類で登録することで、検索精度を上げるというのが初期Yahoo!の戦略であり、それは他の検索サイトより洗練された、求める情報がずばり出てくるYahoo!というイメージを作り出した。

しかし、インターネットの流行により、サイトの登録は手動ではとても追いつかない物になっていった。ロボット検索全盛の時代が来て、日本ではNTTグループのgooが一時期覇権を握った。過当競争の中、各検索サイトは検索以外のコンテンツを充実させ、総合的なポータルサイトとなることで生き残りを図ることになる。しかし、gooの天下も短かった。再び検索に的を絞ったGoogleの登場により、検索はGoogleという時代が到来したのだ。いまや「検索する」の意味で「ぐぐる」が使われる時代である。

そして、最近はGoogleが単なる検索を超えて、地図やメール、blogといtったサービスに手を出している。時代は繰り返すということだろうか。

|

« 発掘 | Main | 浦島嶺至氏のブログ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ということは、今後はGooGleもオークションやネット証券や出会いサイトを始めたりなんかするのでしょうか。いずれは通信事業を手中に納めたりなんかして。

Posted by: 文福茶釜 | 2006.05.07 at 06:26 PM

It is perfect time to make a few plans for the long run and it's time to be happy. I've read this publish and if I may I want to suggest you few fascinating issues or tips. Maybe you can write next articles regarding this article. I desire to learn even more issues about it!

Posted by: voyagenicaragua.org | 2015.10.19 at 12:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10254/9688640

Listed below are links to weblogs that reference Yahoo! Japan 10周年:

» adult cam to cam [adult cam to cam]
Yahoo! Japan 10周年 [Read More]

Tracked on 2007.07.10 at 05:13 PM

» adult cam to cam [adult cam to cam]
Yahoo! Japan 10周年 [Read More]

Tracked on 2007.07.10 at 08:19 PM

» adult free cams [adult free cams]
Yahoo! Japan 10周年 [Read More]

Tracked on 2007.07.11 at 04:01 PM

« 発掘 | Main | 浦島嶺至氏のブログ »