« February 2006 | Main | June 2006 »

Yahoo! Japan 10周年

Yahoo! Japanが10周年だそうだ。
ということは1996年に始まったのか…
思い出してみると、僕が自分のWebページを初めて作った1994年頃は、まだ(少なくとも日本語で使える)検索エンジンというものが存在しなかった。当時主なWebページへのリンクはNTTのリンク集が頼りだった。(当時、NTTのドメインはntt.co.jpではなく、ntt.jpだったと思う。これは後の汎用jpドメインとは別のものだ)

確か、Yahoo! Japanが始まったという情報を雑誌のInternet マガジンあたりで知って、登録を申し込んだのだったと思う。当時はまだインターネット上の情報を得るにも雑誌が頼りだったのだ。ちなみにそのころのYahoo!はロボット検索ではなく、Yahoo!の中の人がネットサーフィンしたり、サイト運営者の申請を受けてURLを登録するものだった。この体制はロボット検索エンジンが普及した後もしばらく続き、Yahoo!の特色だった。ロボットによるクロールは精度が低く、ユーザーの求める情報がノイズにまぎれてしまいやすい。あくまで人間がサイトを審査し、ふさわしい分類で登録することで、検索精度を上げるというのが初期Yahoo!の戦略であり、それは他の検索サイトより洗練された、求める情報がずばり出てくるYahoo!というイメージを作り出した。

しかし、インターネットの流行により、サイトの登録は手動ではとても追いつかない物になっていった。ロボット検索全盛の時代が来て、日本ではNTTグループのgooが一時期覇権を握った。過当競争の中、各検索サイトは検索以外のコンテンツを充実させ、総合的なポータルサイトとなることで生き残りを図ることになる。しかし、gooの天下も短かった。再び検索に的を絞ったGoogleの登場により、検索はGoogleという時代が到来したのだ。いまや「検索する」の意味で「ぐぐる」が使われる時代である。

そして、最近はGoogleが単なる検索を超えて、地図やメール、blogといtったサービスに手を出している。時代は繰り返すということだろうか。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

« February 2006 | Main | June 2006 »