« 仕事 | Main | StorageFighter その2 »

夏の新刊

一応表紙を描き上げた。同人誌の命は表紙。わかってはいるのだが、なかなかいい表紙絵って描けないなあ。今回これに至るまで2枚着色までやって没にした。で、この程度しかできないのが僕のダメな所。ええ、もちろん比較の問題です。コミケ会場をちょっと歩けば、「げえ〜」って位上手い絵、巧みな色使い、オシャレなレイアウトを見る事ができる。そうでないのもいっぱいあるけどね。あの巨大市場では、第一印象で手に取ってもらえるかという第一関門を突破するために、みんなしのぎを削っており、物凄い淘汰圧がかかっているのだ。この第一関門を突破しても、買ってもらえるかどうかはわからない。そこには第二、第三のハードルがある。とりあえず通りすがりの参加者が、手に取ってくれるまで行っても、パラパラとめくって、置いていくという段階を超えなければいけない。
もっとも、こういうレベルで四苦八苦しているのは大手でない証拠でもある(っていうか、*1中手にも至っていない)。大手サークルというのは、すでにそういう評価は確定して、開場と同時に行列ができる。こういう所は、一日で5000部とか1万部とかの同人誌を売りつくす。4万部を売ったサークルと言うのも存在するらしい。こういう所だと、本の値段も一冊1000円位が多い。ということは、1万部売れば、一日で売り上げ1000万円である。まあ、1000円なりの厚さの本をこの位の部数刷る場合、印刷代もン百万のオーダーになるだろうが。僕の年収を遥かに越える純益を一日で稼いでしまうかと思うと凄まじいものがある。そら税務署も動くよね。ただ、参加サークル全体から見ると、このような大手、超大手はごく一部、大部分は小手、ピコ手なのだ。純粋に金銭的な収支を考えると、赤字でしかないと言う所も非常に多い。その辺勘違いして、過大な期待を抱いたり、過剰な反感を持たないようにしようね。
で、その表紙絵の内容は。ラブひなの成瀬川としのぶちゃん。成人向けの本なのでです。職場で見ている人は迂闊に開かないように。千堂屋新刊、「民主帝国」(http://www.win.ne.jp/~juan/comike/58/h1f_view.jpg)



*1:コミケのサークル規模をあらわす表現には、大手、中手、小手、ピコ手などがある。それぞれがどの程度の規模かは、時代による変遷もあるので、一概に言えないが、販売数が数十部以下ならまあピコ手、数千以上ならまあ大手といえるのではないかしらん。

|

« 仕事 | Main | StorageFighter その2 »

「同人・コミケ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10254/53261

Listed below are links to weblogs that reference 夏の新刊:

« 仕事 | Main | StorageFighter その2 »