« Yahoo!オークション | Main | X-Boxで思った事 »

PS2

放浪

世間がプレステ2一色の今日。相模大野駅前のサトームセンのAM8:50ころ行ってみたら30人前後列が出来ており、この程度ならひょっとして買えるかも、と思ったら入荷数25台であった。で、9:00から販売となっていた町田のソフマップに行ってみたが、こちらも売り切れ。ヨドバシも売り切れ。あきらめて相模大野に帰り、ふと帰宅途中のファミリーマートを覗いたら青い箱が一つあるではないか。8:00台にはなかったはずだが、どうもファミリーマートには各店2台程度入荷したようだ。そういうわけで、今うちには青い箱と中身があるのである。

PSソフトの互換性

本体と一緒にリッジ買ったが、これはみなやってるだろうからわざわざ書かない。PS2でPSのソフトを使用する場合、オプション設定でCD高速ロードと、テクスチャ補完が利用できる。どっちも実際効果的なのだが、テクスチャ補完を使用すると、ものによってはオブジェクトの輪郭部にフリンジが出る事がある。「トロンにコブン」付属の「ロックマンDASH2体験版」の、「ヤクト・クラベ襲撃」では、空に浮かぶ雲に不自然な黒っぽい輪郭がついてしまった。テクスチャ補完なしならこの線は表れない。どうしてこうなるのか、考えてみたのだが。実際のPSの描画処理をよく知らないので、以下の推測は全く的外れである可能性もある。 この種のオブジェクトは、おそらく一枚の平面ポリゴンに雲を描き、マスク(アルファ)で輪郭の外側を透けさせていると思われる。絵そのものは、雲の輪郭の外側が黒っぽい色で塗りつぶされているのではないだろうか。(これは、絵を作る段階で画像の境界をはっきりさせ、マスクデータを簡単に作るために有効な手段である)で、本来この雲の「絵」と「黒」の境界は雲の色からいきなり次のドットが黒という風になっているだろう。マスクも、段階的に透明度が変わるようにではなく、雲の輪郭に合わせてきっちりと切り取る形で値を持たせているものと思われる。ここにテクスチャ補完がかかると、雲の画像はジャギーをなくすように、周囲の色との補完を取るようになる。これが輪郭部にも影響して、雲の白と、外側の黒の中間の灰色が、輪郭周辺に補完されてしまうのではないだろうか。さらに、マスクとしてのアルファ部分には補完は効かず、前のままだとしたら、画像周辺部では、白から黒へグラデーションがかかっているにもかかわらず、マスクはその途中のある部分でデジタルに切り取ってしまい。結果として、オブジェクトの輪郭が変に強調された画像が出来上がる。また、マスクにも補完がかかるとしても、半透明の灰色が出てしまい、背景とのマッチングによってはやはり輪郭線が出てしまうだろう。 これを解消するためには、画像の外側部分には、内側の色を延長するように、ある程度広く塗っておく必要があると思われる。今後のPSソフトは、PS2で、テクスチャ補完ONの状態で使用されることを考えて作ってほしい。もちろん、本来PS用ソフトは、PS2で動作させる事を前提としたものではないし、高速読み込みと、テクスチャ補完の設定では不具合が出るソフトがあると注意書きがあるので、対処する必要はないかもしれないが、実際これを使用するとなかなか綺麗なのだ。

|

« Yahoo!オークション | Main | X-Boxで思った事 »

「ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10254/53240

Listed below are links to weblogs that reference PS2:

« Yahoo!オークション | Main | X-Boxで思った事 »