« 100G宇宙船 | Main | 謎の大量アクセス »

hns on Mac その2

天気: 晴れ
観測場所: 相模原
BGM: スパロボ

その後の進展。
カテゴリアイコンを収めたディレクトリを":cat"みたくHFS表記であらわすのは色々問題が多い。これはThemeファイルにも出てくるので、こういう風にThemeファイルをいじってしまうと、日記のデザインそのものをローカルでチェックしてからプロバイダの方に送ると問題が起こる。それに、問題はあくまで画像サイズ取得に絡む部分であり、本来ブラウザで見る時には"/"表記でいいのだから、デフォルトを"/"表記にしておいて、Size.pmだけを書き換えるようにした方が合理的。というわけで、Size.pmの42行付近に追加


my ($file, $width_maxsize) = @_;
### Add by juan for mac
if ($file =~ /^\//) {
$file =~ s/^\///;
$file =~ s/\//:/g;
} else {
$file =~ s/\//:/g;
$file = ":" . $file;
}
### End mac addition.

たぶんPerlの書き方としては「ちょださ〜」だと思うが、Perlをよく知らない野郎のすることだから勘弁してくれや。なお、このやり方では、もともとの表記が/foo/bar/fileか、bar/fileという型式にしか対応していない。./bar/fileとか、../../fileというような型式は使えない不完全な物だが、まあウチローカルなもんだし、自分がそういう書き方しなきゃいいんだからよしとしよう。
しかし、他にも(URIとしてか、ローカルファイルか)よく見ないとわからないパス表記がソースの中に色々あるので、動くようにするまで結構手間をくってしまった。ともかく、アイコンもIMGもきちんと表示されるようになったのでよしとしよう。
MacとUnixでスクリプト自体を極力書き直さないで済むようにするには、プログラム中からパス区切りを排除してしまって、必要な物は適当な設定ファイルに書くとかすればいいんだろうけどねえ。それはそれで融通効かなくて大変そうだ。

|

« 100G宇宙船 | Main | 謎の大量アクセス »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10254/53211

Listed below are links to weblogs that reference hns on Mac その2:

« 100G宇宙船 | Main | 謎の大量アクセス »